文化財スポットマップ

ここから本文です。

木造阿弥陀如来坐像

閲覧数 832回
所在地
大分県豊後高田市田染真木1796 真木大堂収蔵庫内
駐車場
30台程度/大型バス可
拝観料
300円(真木大堂敷地内共通)

 真木大堂収蔵庫の中央に坐す丈六の阿弥陀如来像。檜の寄木造りで、全身に布貼りを下地とした彩色が施されています。来迎印を結び、臨終の際に西方の極楽浄土より迎えにくる様子をあらわしています。高い肉髻・大粒の螺髪、やや面長で唇を引き結んだ面相に定朝様以前の古い様式が見えますが、流れるような衣文さばきなどに定朝様の特徴が見られることから、11世紀半ばから後半にかけての作であると推定されています。都から遠く離れた九州への末法思想の伝播を示すという点で、富貴寺大堂と同じく日本文化史にとって非常に重要な仏像であると言えます。国指定重要文化財。

このスポットに投稿された写真