文化財スポットマップ

ここから本文です。

木造不動明王及び二童子立像

閲覧数 663回
所在地
大分県豊後高田市田染真木1796 真木大堂収蔵庫内
駐車場
30台程度/大型バス可
拝観料
300円(真木大堂敷地内共通)

 本像は高さ255cmを誇るわが国の木造不動明王像の中でも最大級の大作の1つです。六郷満山において、峯入りなどの行を見守る不動明王がいかに深く信仰されたかを示す像です。不動明王は榧材の寄木造り、脇侍の矜羯羅童子・制多迦童子は檜材の寄木造り。天地眼の忿怒相をあらわし、利剣・羂索を持つ、十九観に忠実な像容をしています。全体的に抑揚のきいた肉取りと翻波式衣文に近い衣摺から、定朝様以前の段階の11世紀前半から半ばにかけての作と推定されています。煩悩を焼き尽くす迦楼羅炎は、像を囲むように造られた迫力あるものですが、江戸時代の後補のものです。国指定重要文化財。

このスポットに投稿された写真