文化財スポットマップ

ここから本文です。

木造大威徳明王像

閲覧数 997回
所在地
大分県豊後高田市田染真木1796 真木大堂収蔵庫内
駐車場
30台程度/大型バス可
拝観料
300円(真木大堂敷地内共通)

 6つの顔、6本の腕や足を持ち、臥牛に跨る姿が特徴的な大威徳明王は、五大明王の一尊で、不動明王の西方を守護する存在として、戦勝祈願などにご利益があるとされています。真木大堂に所在する木造大威徳明王像は、像高241cmで、日本最大のスケールを誇ります。11世紀前半の作とされ、当時の六郷満山文化がいかに成熟していたかを、一目で理解させてくれる像です。真木大堂は幾度とない戦火により、寺院としては消滅し、江戸時代以降は農村の人々によって仏像を守り伝えてきました。牛に跨るその姿から、その法力を込めた大豆を牛馬に食べさせ、祀符を馬屋に貼って、牛馬の健康を願う、農村らしい素朴な信仰も生まれました。今でも本像は地区にとって、親しみ深い存在として大切に守られています。国指定重要文化財。

このスポットに投稿された写真